micro:bit 用 プッシュセンサ動作方法変更のお知らせ

いつもTECH未来をご活用いただきありがとうございます。

この度,micro:bitの仕様変更に伴い,プログラミングパーツ「プッシュセンサ」の動作方法についても変更されましたので,お知らせいたします。

 

 micro:bitコントロールボックス用のプッシュセンサを動作させるために使用していた

ジャックA(P19・P20 )は,micro:bit本体のP19およびP20の公式な変更により,

現在,IIC(集積回路間)ブロック制御にのみに使用できるように変更され,

入出力の使用はできなくなりました。

そのため,プッシュセンサ動作にはジャックE・F・G・Hを使用してください。

また,プッシュセンサを動作させる際は下記のブロックを追加してください。

 

コーディング例は,添付資料をご覧ください。

大変ご迷惑をおかけしますが,よろしくお願いいたします。

 

投稿者: TECH未来事務局