STEM教室レター3月号

昨年9月に開校した2017年度Codolabo STEM教室が先日無事終了しました。

2月からプログラミングで産業用機械をはじめ、最終月である3月はそれぞれ機構・プログラミングを工夫してそれぞれオリジナルのダンプカーを作りました。

また、教室と並行して実施された小学生版活用力コンテストでは、教室から最優秀賞も出ました。

半年という短い期間でしたが、初めての教室の運営で大変なことも多かったですが、子どもたちに、私たちの目指す方向が伝わっていたことが形として表れ、取り組んでよかったなと思いました。

また、保護者の方からも、教室でグループで相談しながら取り組めてよかった、活用力コンテストに参加したことで、普段は受け身だけれど、本を買ったり積極的に取り組んでいた、期間内で取り組むことがとても大きな経験になった、といったような声もいただきました。

STEM教育プロジェクトで目標としている協働、問題発見・課題解決の力がついてきた成果だと思います。

投稿者: TECH未来事務局