Activity

  • 令和6年3月29日(金)に東京都青梅市羽村市TECH未来・プログラミング研修会が開催されました。
    講師は専門研究員の田中が務め,サポーターとして学生フェローの吉村が同行しました。
     
    青梅市と羽村市から4校にAWS協賛STEAM教材贈呈にご快諾いただき,
    青梅市羽村市を含む東京都内の先生方を対象とした研修会をしました。
     
    Cエネルギー変換の技術,Dの情報の技術の研修を行いました。
    今後は,さらに青梅市羽村市での[…]

  • 今年度のTECH-mirai INNOVATIVE CONTEST 2024(活用[…]

  • いつもTECH未来研究サイトをご利用いただき,誠にありがとうございます。
    TECH未来担当の田中です。
    登録者の皆様に大切なお知らせがございます。
    ニュースが更新される際に,ご登録いただいている皆様のアドレスにニュースを不定期配信させていただいているのですが,近年,配信案内が返ってきてしまう方が増えてまいりました。
     
    つきましては,連絡先の変更がある場合は,新しい連絡先を「infoあtechmirai.jp」(※「[…]

  • 令和6年2月9日(金)に岩手県中学校教育研究会技術・家庭部会D情報の技術学習会が開催されました。
    講師は東京学芸大学の渡津光司先生と専門研究員の田中が務めました。
    岩手県は,昨年に引き続き今年も研修会のご依頼をいただきました。
    D情報の技術の内容に関する研修を行い,信号機モデルと自動ブレーキングシステム車の製作を行いました。
    来年度の岩手県中学校教育研究会技術・家庭部会主催の県大会に向けて,頑張ってください!
     […]

  • 令和5年11月2日(木)に島根大学教育学部附属義務教育学校技術・家庭(技術分野)授業づくり研修会が開催されました。
    エネルギー変換の技術の内容について研修いたしました。
    ご参加いただいた先生方は,すでにTECH未来をご活用されている方が多かったため,
    電気自動車モデルの製作にとどまらず,問題を解決するための製品モデルの製作にも挑戦していただきました。
     
    島根県の先生方,ありがとうございました!

  • 令和5年8月10日(木)に大阪市立中学校教育研究会技術・家庭部「TECH未来教材」実技研修会が開催されました。
    講師は東京学芸大学/弊所理事長の大谷忠先生と専門研究員の田中が務めました。
    大阪市はAWS協賛STEAM教材贈呈にご快諾いただき,今回初めて研修会をしました。
    Cエネルギー変換の技術の研修を行いました。
    今後は,さらに大阪市での教材贈呈を拡充していく予定です。
    より多くの大阪市の先生方に教材をご活用いただけ[…]

  • TECH未来事務局 さんが新しい投稿「TECH未来講習会実施のご報告」を公開しました。 2か月 2週前

    松井田中学校技術科教諭 伊藤大貴先生よりTECH未来講習会実施のご連絡を頂戴しましたので,ご報告いたします。
    群馬県内の先生方を対象に伊藤先生が講師を務め,TECH未来の講習会を行われたそうです。
    実践のご報告ありがとうございました!

  • 長岡市立東北中学校の保坂恵先生よりD情報の技術に関する授業実践の報告をしていただきました。
    本実践報告は,新潟県の令和5年度初任者研修の内容とのことです。
     
    題材名は「持続可能な社会の発展に向けた技術 社会でまさに必要とされている技術の一端に触れ,考える~赤外線センサでデータを計測し,自動ブレーキ機能を制御しよう~」です。
    本時では,「赤外線センサの値を用いてEVモデルを計測・制御し,自動ブレーキ機能を再現することを[…]

  • 学習指導要領に合わせた、D:情報の技術「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツ」に関するワークシート&学習指導案です。
     
    ①スタンダード指導資料(ワークシート)について
    本教材は,D情報の技術の学習項目(1)〜(4)を一つの教材で網羅できる教材となっておりますが、
    (1)(2)(4)のみを学習できるパターンもご用意しております。
    下記より一括ダウンロードが可能です。


    ※学習指導案は後日掲載予定[…]

  • いつもTECH未来シリーズをご活用いただき誠にありがとうございます。
    本日2/1より,「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミング」に対応した学習教材が新登場いたしました!!
    本教材は交通管制システムが題材となっており,D情報の技術「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによる問題の解決」の学習に対応した無償配布のwebアプリ型プログラミング教材となっております。
    信号機の計測[…]

  • TECH未来事務局 さんが新しい投稿「TECH未来通信第56号」を公開しました。 2か月 2週前

    今回は,松江市立義務教育学校玉湯学園の瀬崎邦博(せざきくにひろ)先生にお話を伺いました。
    回転運動を伝える仕組みに加え,リンク機構の学習を活かした授業を実践してくださいました!
    また,授業実践事例も【こちら】に掲載させていただいています。
    ぜひご覧ください。

  • 令和5年10/20(金)に中国四国地区技術家庭科研究会が開催されました。
    松江市立義務教育学校玉湯学園の瀬崎邦博(せざきくにひろ)先生が,TECH未来を活用した授業実践をしてくださいました。
    題材名は,内容「C エネルギー変換の技術」「高齢者が暮らしの中で困っている動作を助ける製作品の開発~テクノロジーによる自立支援~」です。
    総合的な学習の時間で扱っているテーマ「福祉」と関連付け,特に高齢者が暮らしの中で困っていること[…]

  • TECH-mirai INNOVATIVE CONTEST[…]

  • h-fukaya さんが投稿「研修会のご案内」にコメントしました。 4か月 1週前

    田中様
    お世話になります。
    日産協でお世話になっております愛知造形社の深谷です。
    12月3日に愛知県豊田市の令和6年度の夏期研修会のお願いメールをしたのですが、返信が頂けないので届いてないといけないと思い、こちらから再度お願いさせていただきます。
    もしかしたら愛知教育大学の磯部先生からなんらかの連絡があったかもしれませんが、返信をいただき次第、詳細をお送りしますのでよろしくお願い致します。

    問い合わせフォームから[…]

  • いつもお世話になっております。
    ブロック型教材TECH未来の学習効果が学術的に明らかにされましたことをご報告いたします。
    元・弊所専門研究員であり,現・東京学芸大学自然科学系技術・情報科学講座特任講師 渡津 光司先生のご研究により,ブロック型教材TECH未来を活用し,構想や設計の具体化や制作の場面において連続的に取り入れることで,工夫ややり直しの作業が促進され,生徒が問題を発見し,課題を設定した際の「思いや願い」を具体化す[…]

  • TECH-mirai INOVATIVE[…]

  • 審査員総評

    例年同様、多くの社員が審査員として参加させていただきました。本コンテストのテーマ、「生活をイノベーションしよう」。今年は特に、高齢者や、社会的弱者の立場に沿った作品が目立ったように感じました。若い世代の方々には、STEAMを使って、世の中の課題を解決するアイデアをこれからもどんどん考えていただき、大人はそれを実現化するお手伝いをしていけたらと思います。(AWS InCommunities)
     それぞ[…]

  • TECH未来事務局 さんが新しい投稿「TECH未来通信第55号」を公開しました。 10か月 3週前

    こんにちは。
    久しぶりの更新となり,申し訳ございません。
    お待たせいたしました,今月のTECH未来通信を発行いたします!
    今回は,大阪市立東我孫子中学校の米澤和善(よねざわかずよし)先生にお話を伺いました。
    AWS協賛STEAM教材贈呈にご快諾いただき,TECH未来を贈呈させていただきました。
    早速ご活用いただいているということで,米澤先生にインタビューしました。
    ぜひご覧ください。

     

  • 2/24に岩手県中学校教育研究会技術・家庭部会エネルギー変換の技術実践交流会が開催されました。
    午前中は,岩手大学教育学部附属中学校の加藤先生の授業実践を拝見させていただきました。
    自分達が製作した製品モデルの評価・活用の場面でした。
    生徒たちは,コメントを即時に共有できるツールを使って,お互いの製品モデルを評価していました。
    また,二戸市立福岡中学校の藤澤先生,大槌町立大槌学園の城内先生より,
    今年度のエネルギー変[…]

  • もっと読み込む